スマートフォン版へ

【シルクロードS】ダノンスマッシュ余力十分 重賞連勝へ成長実感の動き

  • 2019年01月24日(木) 06時00分
 「シルクロードS・G3」(27日、京都)

 昨秋の京阪杯を制したダノンスマッシュが、2カ月の休養を経てパワーアップ。23日、栗東坂路を軽快に駆け上がり、今季初戦へ向けて体調の良さをアピールした。11年京阪杯で重賞初Vを遂げた父ロードカナロアは、翌年のシルクロードSを制して軌道に乗った。偉大な父と同じ道をたどり、スプリント界の主役候補へと名乗りを上げる。

 開門時にマイナス1度を指していた温度計も、ダノンスマッシュが登場した午前9時半には8度まで上昇。澄み渡った青空の下、栗東坂路で行われた最終リハは、まさに“視界良好”と思わせるものだった。

 北村友を背に、単走でじわっと加速。鞍上の指示にしっかりと従い、しまい重点に緩やかな後傾ラップを刻んだ。4F53秒4-39秒3-12秒6とタイムは平凡ながらも、馬体からは目下の充実ぶりがひしひしと伝わってくる。動きも上々。余力を十分残してフィニッシュラインを越えた。

 1週前の栗東坂路で4F秒49秒9-12秒2の猛時計。直前のソフトな内容は予定通りだ。鞍上は「動きは本当に良かった。何より、1週前にビッシリやっている割に落ち着いているのがすごくいい」と走りを高く評価。順調な成長ぶりに「もともとポテンシャルが高く、期待していた馬ですからね。大きいところへ無事に進められれば」と目を輝かせる。

 重賞連勝へ。父ロードカナロアも手掛けた岩本助手は「馬体がひと回り大きくなっている。背が伸びてボリュームも出た」と確かな成長を伝える。カナロアと同じ道をたどり、京阪杯シルクロードSを連勝して軌道に乗りたい。安田隆師は「乗り役は“きれいな馬場でやりたい”と話していましたし、今の緩い馬場がどうかな。Bコースに変わってどれだけカバーできるか」と課題を挙げるが、成長急な今のスマッシュならば克服できるはず。父譲りのスピード&パワーを発揮し、V発進を決める。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す