スマートフォン版へ

ジャンダルムなど、今週の主要調教馬場の時計/栗東トレセンニュース

  • 2019年01月24日(木) 13時45分
 今週の栗東はこの時季らしい寒さ。23日の調教開始前の気温は-1℃。今年に入って一番といってもよい冷え込みだったが、体感的には翌24日の方が寒く思えた。気温は2℃だったが、風が強く、時間帯によっては小雪がちらつく場面もあった。

 全国的に雨が降らないことがニュースにもなっているが、トレセンにおいてはそれが馬場悪化を防いでいる。

【坂路/4F51.9秒】
 1月23日。一番時計は50.3秒が2頭いて、プレシャスルージュ(栗東・高柳大輔厩舎)とライトオブピース(栗東・佐々木晶三厩舎)。この2頭を含めて、4F50秒台が7頭もいた時点で走りやすい馬場だったと判断すべきだろう。

 時計が出る馬場だったとはいえ、2F目から12.9秒のラップを踏んで、その後も12.0秒、12.1秒とまとめたのがドラグーンシチー(栗東・北出成人厩舎)。500万下を勝ち上がれない状態ではあるが、それは旋回癖が影響してのもの。能力自体は楽にオープンで通用するスピードを持っているだけに、ひとつきっかけを掴めばといったところだろう。

 1月24日。時計が出やすい状態は前日と変わりなし。一番時計は50.3秒のノボバカラ(栗東・森秀行厩舎)だった。

 先週の馬場差は「-0.5秒」。先週に引き続いて、走りやすい馬場という認識で間違いないだろう。よって今週も23日、24日とも先週と同じ『-0.5秒』の馬場差を記録している。

【CW/5F66.0秒】
 1月23日。同じウッドチップ馬場でも坂路に比べると少しだけ重たい印象。どの馬も速い時計を出すという状態ではないので、比較的基準時計に近い状態という感じを受ける。ウッドチップが砕けて、少し深い状態になっているのかも知れない。

 そんな中、3歳新馬ながら素晴らしい動きを見せたのが、ディープインパクト産駒シーリアスラブ(栗東・音無秀孝厩舎)。3頭併せを最後方から追いかける形だったが、道中は終始余裕のある走り。最後の直線は最内だったとはいえ、外2頭とは全く違う手応えでいつでも抜け出せそうな感じ。最後まで馬なりだったが、6F81.6秒と速い時計にも楽々と対応するのだから、相当な能力を感じる。

 1月24日。馬場状態としては前日と変わりない。しかし、朝一番から素晴らしい動きを見せてくれたのが、東京新聞杯(2月3日・東京芝1600m)の出走を予定しているジャンダルム(栗東・池江泰寿厩舎)。

 クラージュゲリエとの併せ馬だったが、3馬身ほど追いかけての内容。6Fから5F標識のラップは遅かったが、3コーナー手前から速くなって、2頭がともにスピードに乗った形で最後の直線へ向いてくる。前も止まっているわけではないのだが、それを一瞬で交わすジャンダルム。東京マイルは富士S7着以来だが、当時よりも動ける状態に仕上がっている印象を受ける。

 先週の馬場差は「-0.5秒」。基準時計よりも走りやすい状態だったが、そこからは馬場の傷みもあって時計を要している印象を受ける。とはいえ、基準時計よりは遅い馬場というわけでもないので、今週の馬場差は『±0.0秒』で23日、24日とも記録している。

【DP/5F64.5秒・D芝/5F63.0秒】
 今週も芝馬場での追い切りが23日、24日とも少数ながら行われている。馬場状態としてはごく標準だったので、馬場差としては両日とも『±0.0秒』で記録している。

 ポリトラック馬場での追い切り頭数は先週とほぼ同じ。馬場状態に関しては、先週までと変わらず柔らかさがあり、適度な時計が出る状態。今週の馬場差も『+0.0秒』で記録している。

※調教馬場横の数字は基準時計。この数字以下の時計であれば、標準より速い時計と判断してよい。

(取材・文:井内利彰)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す