スマートフォン版へ

【根岸S】マテラスカイ返り咲く 動き軽快!余裕の半馬身抜け出し

  • 2019年01月25日(金) 06時00分
 「根岸S・G3」(27日、東京)

 森勢2頭が栗東坂路で躍動した。マテラスカイは24日、併せ馬で余裕の半馬身先着。4走前のプロキオンSで重賞初V以降、不本意な成績が続いているが、再び輝きを取り戻す。

 軽快な動きだった。マテラスカイは栗東坂路でアラウン(4歳500万下)と併せ馬。パートナーを1馬身後方から追い掛け、最後は楽に半馬身抜け出してのフィニッシュを決めた。

 「先週の段階でしっかりと追ってあるので目いっぱいではなく、反応を確かめた感じ。それでも楽にいい時計を出してくれたし、動き、息遣いともに問題はないですよ」と思い描いた通りの調教内容に高野助手は満足そうにうなずいた。

 昨年7月にプロキオンSをJRAレコードで重賞初制覇。短距離ダート戦線の主力へと躍り出たかに思われたが、その後は東京盃4着、JBCスプリント2着、そして兵庫GT5着と1番人気に支持されながらも敗退が続く。特に前走はハナすら奪えない不本意な内容だった。

 「さまざまな敗因はありますが、時計のかかる地方競馬の砂の深い馬場が合わなかったのは確か。それに小回りコースだとスピードが乗りづらいのも一因」と分析する。

 反撃ののろしを上げるのは、プロキオンSと同じ左回りダート7F戦。「この馬のレースさえできれば。ハナを主張してくる馬もいないようですし、どこまで粘ってくれるか」と熱い視線を注ぐ。伸び伸びと走れる広いコースで、持ち前のスピードをフルに発揮する。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す