スマートフォン版へ

中村師、定年前に無欲の重賞Vだ 8歳馬ナインテイルズは「生涯最高の出来」

  • 2019年01月25日(金) 06時00分
 2月末で定年を迎える中村均調教師(70)=栗東=が、淀短距離Sを制して勢いに乗る8歳馬ナインテイルズタイトル奪取を狙う。根岸Sヤマニンアンプリメ愛知杯キンショーユキヒメを含め、今週末の3重賞全てに管理馬をスタンバイ。開業して42年目で酸いも甘いも知るトレーナーは、自然体を貫いてそれぞれの大一番へと臨む。

 気負いは感じられなかった。77年に調教師免許を取得し、翌年に開業した中村師。その40年を超える長いキャリアが、3重賞を前にしても平常心で臨む重要性を教えてくれる。

 「これまでも精いっぱいやってきたしね。最後の最後だからと欲がないのがいいのかもしれない。今週も地方交流(競走)を勝てたしね。よく無欲の勝利って言うでしょ」。23日に園田競馬でマイネルジェンマがV。今年に入って中央でも既に2勝を挙げる。2月末の定年まで、これまで通りに管理馬と誠実に向き合い、1つでも多くの“無欲の勝利”を積み重ねたいところだ。

 3重賞で最もチャンスが大きいのは、前走の淀短距離Sを勝ち、シルクロードSに挑戦するナインテイルズだろう。「8歳にして生涯最高の出来だと思う。前走は正直、状態は良くなかったし、いつもの切れ味ではなかった。そこから体も締まったしね」と楽しみは大きい。

 根岸Sは昇級戦のヤマニンアンプリメには「今までにないくらい出来はいい。モーニンコパノキッキングとも差のない競馬をしているし、人気はないけど、面白い」と色気は十分だ。愛知杯キンショーユキヒメは「ここ一本で調整してきたけど、まだもうひとつかな。けど、中京は相性もいいので」と4戦2勝の舞台で改めて期待。個性派3頭で、自らの調教師人生に新たなタイトルを刻むか。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す