スマートフォン版へ

【POG】ユニコーンライオン大物感漂う 1週前好時計!甲斐助手は仕上げに自信

  • 2019年01月25日(金) 06時00分
 「新馬戦」(27日、京都)

 出走馬ラッシュの新馬戦。先週、除外されたユニコーンライオン(牡、父ノーネイネヴァー、栗東・矢作)が日曜京都6R(芝1800メートル)に出走する。

 昨年の12月末から10本の時計を出す豊富な乗り込み量。甲斐助手も「矢作厩舎にしては乗りましたね」と仕上げに胸を張る。「追い詰めないような調整」と説明するように、今週は栗東坂路で4F53秒0-12秒4だったが、1週前には4F51秒7-12秒0の好時計をマーク。いずれも併せ馬で先着を果たしており、大型馬と思えない軽快な走りが大物感を漂わせる。

 「550キロほどあるけど素軽い。追ってしっかりと伸びるし、すごくいい馬。先々は大きなレースで活躍してほしい」と期待は大きい。M・デムーロを背に初陣Vを狙う。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す