スマートフォン版へ

【根岸S】コパノキッキング重賞連勝 菜七子でG1フェブラリーSへ

  • 2019年01月28日(月) 06時00分
 「根岸S・G3」(27日、東京)

 さあ、菜七子でG1挑戦だ!初の左回りも距離延長もノープロブレム。勢いに乗る4歳馬コパノキッキングが、圧倒的な脚力で重賞2連勝を飾った。オーナーのDr.コパ氏(登録名は小林祥晃)はレース後、藤田菜七子騎手(21)=美浦・根本=とのコンビでフェブラリーS(2月17日・東京)に参戦することを明言。実現すれば、JRA女性騎手として初のG1騎乗となる。

 この強さは本物だ-。後手に回った前走とは違い、スタートを決めて中団の外めを楽な手応えで追走したコパノキッキング。直線残り200メートル過ぎで先頭に立つと、能力の違いを見せつけて4連勝を達成。G1への挑戦権をつかんだ。

 待望のJRA重賞初勝利となったマーフィーは「ベストは1200メートルだと思うので、早めに先頭に立つことがないように心掛けた」と笑顔。村山師も「初の左回りで、この距離を克服できたことは大きいですね」と声を弾ませた。

 気性に繊細な面があり、日本に輸入後すぐに去勢された。初めての東京競馬場でもあり、パドックでは若干気合が入っていたが、大舞台へ向けて、いくつもの課題をクリアしてみせた。

 マーフィーの短期免許は28日で終了。次走の鞍上について、オーナーの小林祥晃氏は「(藤田)菜七子でいきます!」と明言した。以前から、「(菜七子の)G1騎乗が可能になれば、ぜひ乗せたいね」と公言してきたオーナー。「きょうの今年の(JRA)初勝利もウチの馬(中京8Rコパノピエール)だったし、相性がいいもんね。あと200メートルの距離延長がどうかとは思うけど、フェブラリーSは菜七子で」と満面の笑みで説明した。

 菜七子自身、重賞には過去10回騎乗(最高は8着)しているが、G1騎乗はまだない。この一報を中京で受け「夢のようなお話で驚いています。関係者の方々には本当に感謝しています。好結果を出せるように頑張りたいです」と意気込んだ。

 小林オーナーと村山師のコンビは、14&15年のフェブラリーSコパノリッキーで連覇。「オレたちはフェブラリーSに強いんだよ」とオーナー。そこに同じく相性のいい菜七子が加わって“トリオ”で挑む3週間後の府中決戦。競馬の歴史に、JRA女性騎手初のG1騎乗という、新たな1ページが加わる。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す