スマートフォン版へ

【きさらぎ賞】アガラス 3頭併せで豪快走 初コンタクト戸崎圭とウマが合う?

  • 2019年01月31日(木) 06時00分
 「きさらぎ賞・G3」(2月3日、京都)

 東スポ杯2歳Sで鼻差2着に惜敗したアガラスが30日、美浦Wで新コンビ・戸崎圭を背に力強いフットワークを披露。素質馬とともに、古賀慎師は先週の愛知杯ワンブレスアウェイ)に続く2週連続の重賞Vを目指す。

 初コンビの戸崎圭を背に、軽くウオーミングアップを済ませたアガラス。美浦Wに入り、僚馬スカテナート(3歳未勝利)、トーセンヴィータ(4歳500万下)を大きく先行させてスタート。青鹿毛の雄大な馬体を躍動させながら、徐々にペースアップ。直線では最内からパートナー2頭に迫ると、馬なりながらも最後まで集中力にあふれる走りで併入した。タイムは5F68秒8-40秒1-13秒0。

 初めてコンタクトを取った鞍上は「手応え十分ですね。レースの映像を見て大体のイメージはつかんでいましたが、まだ体の緩いところがありますけど、力もあって素晴らしい馬です」とスケールの大きさに感心。前走の東スポ杯2歳Sで鼻差の勝負を演じたニシノデイジーが、続くホープフルSで3着。4着に負かしたヴェロックス若駒Sを快勝。ハイレベルなメンバーと互角の戦いを演じた能力の高さを、改めて認識した。

 ところが、それ以上に好感触を得たのが古賀慎師。普段はややテンションの高いタイプだが、戸崎圭が騎乗すると「非常に落ち着いていた」と言う。「いつも馬場入りの時はうるさいのに、きょうはジョッキーが乗ったらおとなしかった。メンタル面が成長しているのかもしれないけど、合っているのかな、と感じました」と、相性の良さをつかみ取った様子。

 27日にも美浦Wで3頭併せを行い、強めに追われて5F67秒0-38秒7-13秒0をマークしており、仕上がりに関しては万全と言っていい。無限の可能性を秘めた素質馬が、初タイトルを手中にしてクラシック戦線に名乗りを上げる。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す