スマートフォン版へ

【きさらぎ賞】ヴァンドギャルド“ええど”坂路単走で万全 藤原英師「勝負できる」

  • 2019年01月31日(木) 06時00分
 「きさらぎ賞・G3」(2月3日、京都)

 絶妙なさじ加減で態勢を整えた。ホープフルS6着のヴァンドギャルドは30日、栗東坂路で単走。馬場の中央を真一文字に駆け上がり、最後もオーバーワークにならないように軽く促した程度。シャープな脚さばきで、楽々と4F53秒9-38秒5-12秒4のタイムを刻んだ。

 藤原英師は「使ってきているしな。状態を上向きにするような調整。順調に来ている」と満足そうにする。担当の藤野助手は「一戦一戦大人になって来ています。前走は2回(他馬に)ぶつけられるところがありましたが、その後も全く気にせず、カイバもきれいに食べています。そういう意味で、メンタルも強いですよね」と好感触だ。

 師は「インスピレーションやね。いい勝負できると思ってな」と多くのG1馬を輩出した出世レースを選択。鞍上には10年ネオヴァンドーム、11年トーセンラーで連覇したM・デムーロを指名。1週前リハに騎乗した鞍上は「追い切りは良かった。京都千八は合う。いつもいい馬に乗せてもらっているしね」と意気込みは十分。3度目のVで、堂々とクラシックへの扉を開く。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す