スマートフォン版へ

【デイリー杯クイーンC】クロノジェネシス春は一番 阪神JF2着、勝って大舞台へ

  • 2019年02月05日(火) 06時00分
 「デイリー杯クイーンC・G3」(9日、東京)

 今年の本社杯の主役を務めるのは、阪神JF2着馬クロノジェネシス。スタートで出遅れたものの、直線大外からメンバー最速の上がり3F33秒9の豪脚を駆使すると、勝ち馬ダノンファンタジーに半馬身差まで迫った実力の持ち主だ。

 この中間は短期放牧を挟み、1週前の1月30日には栗東CWで3頭併せ。軽快なフットワークで一杯に追われると、6F80秒5-38秒7-12秒7をマークした。「放牧でいいリフレッシュができた。負荷をかけられたし、これで変わってくれたと思います」と、斉藤崇師は満足そうにうなずいていた。

 師にとっても初の重賞制覇が懸かる一戦だが、「ここが全てではない。素質がある馬だし、一生懸命走ってくれている。いつも通りやっていくだけ」と若き指揮官は自然体を貫く。デビューからコンビを組む北村友は「しまいの瞬発力があり、反応の良さが持ち味」と能力の高さを評価する。春の大舞台へ。待望のタイトル奪取で、弾みをつける。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す