スマートフォン版へ

【共同通信杯】後のGI馬多数の出世レース/JRAレース展望

  • 2019年02月06日(水) 06時00分
 スワーヴリチャードディーマジェスティリアルスティールイスラボニータゴールドシップと、最近7年間の勝ち馬のうち5頭が後にGIを制している。クラシックを占う上で見逃せない重要な一戦。

1.2歳重賞での序列があてにならない

 前走ですでに重賞を勝っていた馬の過去10年の成績は[1-1-0-4]。すべてが1、2番人気だったが、勝ったのは2014年のイスラボニータただ一頭。実績馬が馬群に沈むシーンが繰り返されてきた。

2.キャリア不問の傾向が強まる

 最近6年間の勝ち馬のうち4頭は1勝馬だった。また、2016年のディーマジェスティ、2015年のリアルスティールは前走がそれぞれ未勝利・新馬だった。過去10年でフルゲートになったことはなく、素質馬は除外の心配なく調整できる。

3.2か月半以上の休み明けは苦戦

 2か月半以上の休み明けでここに挑んだ馬は、過去10年で22頭いて、連対馬は4頭(ディープブリランテイスラボニータスワーヴリチャードサトノソルタス)だけ。この4頭はいずれも前走が今回と同じ東京芝1800m戦だった、という共通点がある。


 ダノンキングリーはデビューから2連勝。前走のひいらぎ賞は不利な外枠から早めに脚を使いながら3馬身半差の圧勝、力の違いを見せつける内容だった。前走の内容ならば距離延長は問題なさそうで、重賞勝ち馬が相手でも楽しみが大きい。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す