スマートフォン版へ

【共同通信杯】ゲバラ“革命”起こす!上積み大、府中9F戦も合う

  • 2019年02月06日(水) 06時00分
 「共同通信杯・G3」(10日、東京)

 素質が違う-。ゲバラの新馬戦には、随所に大器の片りんが見て取れた。

 ゲートをゆっくり出ると、ダッシュがつかず後方2番手からの競馬に。だが、追走ぶりは余裕十分。3角過ぎから馬なりのまま徐々に進出すると、他馬の鞍上のアクションが激しくなるなか、軽く気合をつけられた程度で一気に前団をとらえ、最後は1馬身突き放してフィニッシュした。

 このレースぶりに伊藤大師は「4コーナーでは鳴くし、直線では物見をして外、内と寄れるし」と苦笑い。それでもきっちり勝ち上がった点を高く評価。「完成度では劣るかもしれないが、一度使っていい意味で馬に余裕が出てきた。柔らかみも出てきて、上積みは大きい。伸びしろの分で、ここに挑戦させようと決めた」と期待を寄せる。

 初戦で京都を選択したのは、中山が除外ラッシュだったことと、広いコースの方が合うと判断したため。「そういう意味で東京コースはいいと思うし、向正面が長い1800メートルという距離も合うと思う」と分析する。

 重賞勝ち馬2頭を筆頭に相手は一気に強化されるが、ゲバラという名の通り、今春のクラシック戦線へ向けて“革命”を起こす。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す