スマートフォン版へ

【京都記念】意外にもステイゴールド産駒は不振/データ分析(血統・種牡馬編)

  • 2019年02月07日(木) 09時20分
 10日に京都競馬場で行われる京都記念(4歳上・GII・芝2200m)について種牡馬別に検証していく。

 過去10年で最多となる8回の馬券絡みはディープインパクト、4回でキングカメハメハが、3回でマンハッタンカフェが続く。

 ディープインパクト産駒は1-5-2-10で複勝率44.4%、複勝回収率94%。複勝率、複勝回収率とも悪くないが、勝ち切れておらず、勝利したのは13年のトーセンラーのみ。14年にはジェンティルドンナが、15年にはハープスターが1番人気を裏切っている。ともに、上がり順位は4位以下で、自慢の末脚が不発に終わった格好。ディープ産駒を買うならば、2番人気以下から3連複の軸とするのが良さそうだ。昨年はただ1頭のディープインパクト産駒だったアルアインが3番人気で2着と好走している。今年はハートレーマカヒキが登録している。

 ステイゴールド産駒は0-0-1-7。厳冬期の中距離重賞だけに意外だが、馬券に絡んだのは10年のドリームジャーニー(2番人気3着)のみ。人気薄が多かったとはいえ、このレースとの相性は今ひとつで、昨年もクロコスミアが5番人気8着に終わっている。

 今年はステイフーリッシュパフォーマプロミスが出走を予定。ともに上位人気が予想されており、ステイゴールド産駒不振のレース傾向を払拭できるか注目したい。

 ハーツクライ産駒は0-0-0-5。12年ウインバリアシオンが2番人気6着、13年ジャスタウェイが1番人気5着と人気を裏切っており、こちらも相性は良くない。今年はカフジプリンスタイムフライヤーが出走を予定している。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す