スマートフォン版へ

【共同通信杯】ディープインパクト産駒の「ソコソコ人気」が強い/データ分析(血統・種牡馬編)

  • 2019年02月07日(木) 10時50分
 10日に東京競馬場で行われる共同通信杯(3歳・GIII・芝1800m)について種牡馬別に検証していく。

 過去10年で最多となる11回の馬券絡みはディープインパクト、3回でフジキセキが、2回でステイゴールドマンハッタンカフェが続く。

 ディープインパクト産駒は2-3-6-14。先週のきさらぎ賞同様に、クラシックへ繋がる最重要ステップの一つだけあってディープインパクト産駒の活躍が目立つ。きさらぎ賞との違いは、単勝回収率114%、複勝回収率122%とベタ買いをしてもプラスになる点。

 11年ダノンバラード(9着)、13年ラウンドワールド(4着)、16年ハートレー(9着)など1番人気で0-1-1-3と不振が目立つ一方で、2〜6番人気という「ソコソコ人気」に絞ると2-2-4-5で複勝回収率160%に達する。

 今年はゲバラダノンキングリーが出走予定だ。ともに「ソコソコ人気」の人気帯に当てはまりそうだが、果たして。

 キングカメハメハ産駒は0-1-0-4で複勝回収率26%止まり。馬券に絡んだのは15年1番人気2着のドゥラメンテのみで、11年ベルシャザールが2番人気4着、17年エアウィンザーが3番人気6着と人気を裏切っている。あまり相性は良くなさそう。今年はクラージュゲリエが出走予定。

 1番人気が見込まれるアドマイヤマーズダイワメジャー産駒ダイワメジャー産駒の出走は15年5番人気12着のダノンメジャーのみで、過去データからの取捨判断は難しい。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す