スマートフォン版へ

【デイリー杯クイーンC】ビーチサンバ態勢万全 自らハミ取り軽快走

  • 2019年02月07日(木) 06時00分
 「デイリー杯クイーンC・G3」(9日、東京)

 ソフトな仕上げでも態勢は万全だ。ビーチサンバは6日、栗東坂路で単走追い。馬なりでも、ラストは自らハミを取って軽快に駆け上がり、4F56秒1-40秒4-12秒2をマークした。友道師は「時計はゆっくりめのイメージでサッと。この馬なりに良くなっている」と納得の様子だった。

 前走の阪神JFは3着。トレーナーは「ジョッキーは“追いだしてバランスを崩した”と。それでも最後はスピードに乗って差を詰めた。差はなかった」と振り返る。前2頭とは加速力に差が出たが、「桜花賞の頃には良くなると思う」と話すように、緩さの残る3歳馬。まだ完成途上だ。

 重賞4勝を挙げた母フサイチエアデールは、桜花賞2着、エリザベス女王杯で2年連続の2着など、G1では少しだけ及ばなかった。助手時代、母に騎乗していた師は母娘を比較。「気持ちで走るような精神力が似ている」と姿をだぶらせる。「このあとは桜花賞に直行の予定なので、何とか賞金加算を」。重賞タイトルをつかみ取り、春の夢へとつなげる。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す