スマートフォン版へ

【フェブラリーS】数字の上では明らかに外枠に分がある/データ分析(馬番・枠順編)

  • 2019年02月15日(金) 11時52分
 17日に東京競馬場で行われるフェブラリーS(4歳上・GI・ダ1600m)について馬番別に検証していく。

 馬番別では、最多となる4回の馬券絡みが10番、14番、3回の馬券絡みが3番、4番、6番。過去10年で一度も馬券に絡んでいないのは、1番と8番。

 枠番で内と外に分けた成績は以下の通り。

1〜4枠 4-4–5-67 複勝率16.3% 複勝回収率44%
5〜8枠 6-6-5-62 複勝率21.5% 複勝回収率93%

「内枠からは馬券に絡めない」というほどではないが、数字の比較上は、明らかに外枠に分がある。特に回収率では倍以上の開きとなっている。これは、要するに内枠からは人気馬しか好走出来ていないということ。

 実際に1〜4枠から勝った4頭は全て3番人気以内だった。内枠から1番人気に支持された馬は09年カネヒキリ(3着)、10年エスポワールシチー(1着)、15年コパノリッキー(1着)、16年ノンコノユメ(2着)と、ズラリと砂の名馬が名を連ねている。勝ち切った2頭はともに2番手から抜け出しており、前に行って押し切れるだけの力量があれば内枠も克服可能だ。

 一方で5〜8枠は6番人気以下で3勝している。14年16番人気1着のコパノリッキーが回収率を押し上げているのは確かだが、09年にはサクセスブロッケンが6番人気で、12年にはテスタマッタが7番人気で優勝している。コパノリッキーは7枠13番、サクセスブロッケンは8枠15番、テスタマッタは8枠16番。外枠を引いた人気薄に頭の妙味がありそうだ。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す