スマートフォン版へ

【フェブラリーS】インティ7連勝でG1制した 武豊「スターの誕生」

  • 2019年02月18日(月) 06時00分
 「フェブラリーS・G1」(17日、東京)

 7連勝で一気にG1タイトルをつかんだ。平成最後の中央ダート頂上決戦を制したのは1番人気のインティ。鮮やかな逃げ切りで、鞍上の武豊は同レース史上最多の5勝目。野中厩舎は開業12年目で初のJRA・G1制覇となった。2番人気のゴールドドリームが2年連続の2着。3着に8番人気のユラノトが入り、JRAの女性騎手で初めてG1に挑んだ藤田菜七子騎乗の4番人気コパノキッキングは5着に敗れた。

 “菜七子フィーバー”に沸いた府中で、最も輝いたのは武豊と連勝中の快速馬だった。1番人気インティが7連勝でG1初制覇。レース史上最多の5勝目を挙げた鞍上は「非常に強かったですね。去年の夏に条件戦で初めてコンビを組んだけど、その数カ月後にG1を勝つとは思わなかった。僕自身も初めて。今までにいなかったタイプですね」と喜びと驚きと隠さなかった。

 好判断で勝利を引き寄せた。戦前は2番手の想定もあったが、周囲の出方を見て瞬時に逃げに切り替えた。初のマイル戦も何のその。前半3F35秒8と絶妙なラップを刻み、手応え十分に直線へ。「4コーナーで差を広げようと思った。ゴーサインを出すと素晴らしい伸び。思い通りのレースができた」。後続を一気に突き放すと、その貯金を生かし、ゴールドドリームの強襲を首差でしのいだ。

 開業12年目で初のJRA・G1制覇となった野中師も「ホッとしています。夜、ビールでも飲めばこみ上げてくるかな」と目尻を下げる。デビュー戦9着直後は落鉄に加え、トモずれで歩けなくなったほどだった。体質の弱さを克服しての栄冠に、「担当者、獣医師、装蹄師が工夫し、チームで獲った感じだね」とスタッフをたたえた。

 現在の厩舎がある場所には、かつて池江泰郎厩舎が存在し、インティと同じ馬房で無敗の三冠馬ディープインパクトが過ごした。担当の和田助手が「ディープの子ではないですけど、乗り役も同じ豊さん。何かあるのかも」と感じていた運命的なものが現実になった。“出世部屋”からさらなる飛躍を目指す。

 この勝利でBCクラシック・米G1(11月2日・サンタアニタパーク)の優先出走権も獲得。今後は未定だが、師は「せっかくチャンスを頂いたのに、なしってことはない」と海外遠征も視野に路線を決める方針だ。鞍上も「スターの誕生。能力は一級品だし、まだ強くなりそう。楽しみ」と期待大。伸び盛りの5歳馬は、勢いそのままに連勝街道を突き進んでいく。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す