スマートフォン版へ

【中山記念】ディアドラ仕上がり良好 ドバイヘ弾みつける!

  • 2019年02月19日(火) 06時00分
 「中山記念・G2」(24日、中山)

 春競馬のオープニングを飾る一戦に、古馬中距離戦線の中心を担うG1馬5頭が集結した。牝馬のディアドラは昨年末の香港遠征以来の実戦になるが、仕上がりは上々。強豪牡馬を蹴散らし、次に控えるドバイ決戦へ弾みをつけたいところだ。

 橋田師は「前走は展開がもうひとつ味方しなかったが、なかなかいい脚を使ってくれた。1週前で余裕があったので、長めに追いました。ストライドが大きい馬で、いい走りでした。やはり普通の馬とは違いますね」と話した。

 1週前追い切りでは、北沢(レースはルメール)を背に栗東CWで6F76秒4-12秒5(一杯)。陣営の意欲を感じる調整内容で、文句なしの一番時計。道中で他厩舎の馬を数頭追い抜くほどで、行きっぷりの良さが目立った。仕上がりは良好。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す