スマートフォン版へ

【中山記念】勝ち切るためには内枠がベター/データ分析(馬番・枠順編)

  • 2019年02月22日(金) 12時05分
 24日に中山競馬場で行われる中山記念(4歳上・GII・芝1800m)について馬番・枠順別に検証していく。

 最多となる5回の馬券絡みは5番、9番。4回で10番が、3回で2番、10番が続く。

 頭数が揃いにくいので、馬番ではなく枠順で内外を比較する。1〜4枠、5〜8枠の比較は下記の通り。

・1〜4枠 6-3-4-37 複勝率26.0% 単勝回収率127% 複勝回収率82%
・5〜8枠 4-7-6-55 複勝率23.6% 単勝回収率18% 複勝回収率69%

 5〜8枠が17回馬券に絡んでおり、好走率をみても、外枠だからダメということはなさそう。ただ、回収率には大きな差が生じている。単勝回収率の違いは3番枠から13番人気で勝ったトーセンクラウン(単勝3640円)によるところが大きいのだが、それを差し引いても、勝ち切るためには内枠がベターだろう。

 注意点として、人気別の成績を挙げておきたい。

 5〜8枠だった1番人気馬は2-0-0-5となっており、7頭中5頭までもが馬券圏内すら外してしまっている。勝ったのは11年ヴィクトワールピサ、16年ドゥラメンテという歴史的名馬の2頭だけで、直近では17年にアンビシャスが4着に敗れている。1〜3番人気に括っても4-2-1-11で複勝回収率61%と振るわないが、4〜9番人気は0-5-5-26で複勝回収率108%となっている。外枠は人気馬を疑い、人気薄は複穴で注目したい。

 一方で1〜4枠は、1〜3番人気が5-0-3-4で単複とも回収率100%超え。4〜9番人気は0-2-1-21で複勝回収率47%にとどまっており、内枠は「人気馬を信頼、穴人気馬は疑問視」というスタンスが良さそうだ。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す