スマートフォン版へ

【勝負の分かれ目 中山記念】松岡騎手の自信が馬に伝わったかのような快走。GI馬5頭をねじ伏せた

  • 2019年02月24日(日) 20時15分
 GI馬5頭の競演となった第93回中山記念のゲートが開いた。

 展開の鍵を握る2番マルターズアポジーがポンと飛び出し、ハナに立った。ラッキーライラックエポカドーロウインブライトステルヴィオがつづき、1コーナーへ。

 1、2コーナーを回りながら、マルターズアポジーが引っ張る馬群は少しずつ縦長になり、向正面に入って行く。

 マルターズアポジーが単騎先頭。その後ろは3馬身ほどの間隔で、ラッキーライラックエポカドーロウインブライトと連なっている。ウインブライト松岡正海が予想し、また望んでいた展開になった。

「いい馬の後ろにつけたいと思っていたら、エポカドーロが行ってくれた。その後ろの、いいところでレースができました」

 ウインブライトの2馬身半ほど後ろにステルヴィオ、その1馬身半ほど後ろにスワーヴリチャード、さらに2馬身ほど後ろの外に1番人気のディアドラがいる。先頭からここまで14、5馬身。さらに後ろに数頭が連なる縦長の展開になった。

 前半800m通過は46秒7、1000m通過は58秒2というハイペースだ。

 4コーナーを回りながらラッキーライラックマルターズアポジーに並びかけ、直線入口でかわして先頭に立った。

 さらに外からエポカドーロウインブライトステルヴィオが末脚を伸ばす。

 ラスト200m地点でもまだラッキーライラックが粘っている。このまま流れ込むかにも見えたが、ウインブライトの勢いが違った。最後の1完歩で首差ラッキーライラックをかわし、中山記念連覇を果たした。

「馬が成長しているので、自信を持って乗りました。今年はこの馬でGIを勝ちたいですね」と松岡。

 3、4コーナー中間の勝負どころから、前のエポカドーロとともに一気に進出し、トップスピードで直線に入った。そして、外から迫るステルヴィオらを寄せつけず、ねじ伏せた。まさに正攻法の競馬だった。

 これで中山芝は【5-2-0-1】。中山芝1800mでは4戦全勝だ。

 松岡の自信が馬に伝わったかのような快勝劇であった。

(文:島田明宏)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す