スマートフォン版へ

【弥生賞】ラストドラフト勢い止まらん 11年桜花賞馬・母マルセリーナの血騒ぐ

  • 2019年02月26日(火) 06時00分
 「弥生賞・G2」(3月3日、中山)

 数多くのクラシックホースを輩出した皐月賞トライアル。本番と同じ舞台で行われ、重要な一戦と言える。今年も重賞ウイナーや良血馬が参戦。

 母から受け継ぐクラシックホースの血が騒ぎ始めた。ラストドラフトは前走の京成杯で重賞初制覇を成し遂げ、デビューから2連勝の勢いは止まらない。皐月賞と同じ舞台で存在感を示す。

 新馬戦は5番手から上がり3F33秒1の末脚を繰り出して1着。直線で何度も手前を変えるなど若さは出していたが、2戦目の京成杯では一転して2番手から抜け出す優等生の競馬で重賞初制覇を飾った。戸田師は「キャリアは浅くても2戦目で脚質の幅を見せてくれたのは心強い。この後も中山は続くが、ちょうどいい間隔で無理することなく行ける」と前走を評価する。

 中間は在厩で調整。美浦Wの1週前追い切りは長めからしっかりと負荷をかけた。6F81秒9-38秒5-13秒3(仕掛)。僚馬を1秒5も追い掛けるハードな内容になったが、直線は脚力の違いを見せつけて1馬身の先着。肌ツヤの良さも目立ち、充実著しい。

 「まだ子どもっぽく、抜け出した後に(他馬を)待つ面があるので軽く促しながら。変にテンションが上がることもないし、動きも問題ない」と自らまたがった指揮官は納得の表情を浮かべた。

 母マルセリーナは11年桜花賞馬。種牡馬としても大活躍を続けるディープインパクトの初年度産駒として、父に初めてのG1をプレゼントした孝行娘だ。繁殖入り後にノヴェリストを配合した初子から、いきなり大物候補の誕生だ。

 皐月賞ダービーへと続く、牡馬クラシックロードの試金石。無傷の3連勝、重賞連勝を決めて大舞台に弾みをつける。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す