スマートフォン版へ

【チューリップ賞】ダノンファンタジー貫禄リハ 迫力のラスト1F12秒1

  • 2019年02月28日(木) 06時03分
 「チューリップ賞・G2」(3月2日、阪神)

 いよいよ2歳女王ダノンファンタジーの登場だ。27日、栗東CWでの最終リハは4Fから強めに追われた。必要以上にテンションを上げないよう細心の注意を払いながらも、しっかりと末脚を伸ばした。見据える桜花賞(4月7日・阪神)へ、初戦から能力発揮の態勢を整えた。また阪神JF4着のシェーングランツは、美浦Wで古馬2頭を相手に3頭併せ。ビッシリと負荷をかけた。

 過度に負荷をかけて必要以上にテンションを上げたくない。そんな微妙なさじ加減での最終リハは、栗東CWでの4F追い。川田を背にした2歳女王ダノンファンタジーは、活気十分の手応えで直線に向くと、末脚をグイグイ伸ばして4F48秒1-36秒0-12秒1。迫力たっぷりに動いた。

 鞍上は「時計よりも馬の気持ちを優先して追いました。休み明けで力むところはありますが、先週よりはましでした」と好感触をつかんだ。2歳女王に輝いたとはいえ、まだ幼い。道中は行きたがったが、しまいまでしっかりと脚を伸ばせた。心肺機能が高い証拠だろう。

 3連勝で阪神JFを制してから約3カ月。いったん気持ちをリフレッシュし、この今季初戦に備えてきた。帰厩後も順調に乗り込まれての登場。舞台はG1を勝った仁川のマイル戦とあって、死角らしい死角は見当たらない。猿橋助手も「本番(桜花賞)を見据えての調整ですから、ビッシリ仕上げたというわけではないですが、テンションをうまくコントロールしながらのケイコができています」と胸を張る。

 あくまでも狙いは先にある。そこへ向けてのステップだ。同助手は「まだシルエット的には成長の余地を残していますからね」と言うが、それでも「スピードがあり、走破時計も抜群。力があるのは分かっていますから」と自信は揺るがない。まずは前哨戦できっちりVを収め、堂々と桜花賞へ駒を進める。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す