スマートフォン版へ

【弥生賞】ラストドラフト圧巻 重賞V2へ動き抜群!文句なし

  • 2019年02月28日(木) 06時03分
 「弥生賞・G2」(3月3日、中山)

 新馬戦-京成杯とデビュー2連勝中のラストドラフトが27日、美浦P(ポリトラック)の併せ馬で抜群の動きを披露。底知れない潜在能力を秘める素質馬が、重賞V2を決めて本番へ弾みをつける。ホープフルS3着のニシノデイジーは美浦Wで単走追い。それ以来の実戦になるが、軽快な動きで態勢を整えた。ダービーワグネリアンの全弟カントルも栗東CWで力強いフットワーク。好仕上がりをアピールした。

 しびれるような手応えで駆け抜けた。2戦2勝のラストドラフトは、いつものように戸田師自らが騎乗。美浦Pに入ると、僚馬アンヴェイルド(8歳1000万下)を5Fで7〜8馬身ほど先行させて発進。4コーナーを回って外から並びかけると、脚勢の差は歴然だ。引っ張り切れない手応えから、馬なりのままで1馬身先着してフィニッシュした。

 5F65秒4-38秒1-12秒2。その時計以上に、ポテンシャルの高さを示すような圧巻のフットワークが目立った。感触を確かめた指揮官も「抜け出す時がムチャクチャ速いけど、きょうは馬の後ろでよく我慢して、落ち着いて走っていた」と納得の表情だ。

 新馬戦は上がり3F33秒1の末脚を繰り出しての差し切り勝ち。続く京成杯では一転、先行策から早め先頭で押し切った。全く違う競馬で連勝を飾り、一躍クラシックの有力候補へ。11年の桜花賞馬でもある、母マルセリーナから受け継いだ潜在能力は、まだまだ底を見せていない。

 デビュー戦を勝ったあとはWとPを併用して調整されてきたが、Wで追い切ると変わり身が大きいため、オーバーワークにならないよう細心の注意を払い仕上げてきた。「いい意味でメリハリがついてきた。まだ経験は浅いけど、ジョッキーの指示に従って上手に競馬をすれば、結果も出るし、次につながるはず」とキッパリ。

 ホープフルSの覇者サートゥルナーリア共同通信杯を制したダノンキングリーと無敗馬が待つ皐月の舞台。こちらも3連勝を決めて、頂上対決に名乗りを上げる。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す