スマートフォン版へ

【弥生賞】ブレイキングドーン巻き返す “相性良し”の中竹厩舎が自信の出陣

  • 2019年03月01日(金) 06時00分
 「弥生賞・G2」(3日、中山)

 これまで中竹厩舎は弥生賞に2頭を送り込み、11年のデボネアは3着に好走。そして17年にはカデナで勝利をつかんでいる。当然、今年も脈アリ。ホープフルS5着からの巻き返しを期すブレイキングドーンにかける思いは強い。

 無駄打ちなしの過去2回。挑戦する意図を中竹師は「やはり皐月賞と同じコースで、同じ距離というのは魅力。メンバーうんぬんよりも、皐月賞へのアプローチという意味合いが大きいですね」と説明する。

 鋭い切れ味が武器のカデナとは違い、ブレイキングドーンは「長くいい脚を使うタイプ」と特長を挙げる。前走のホープフルSでは「道中、力んでしまった」ことが敗因だけに、短期放牧明けの今回は「落ち着いて走れるかが大事。うまく走ってくれたら」と成長力に期待を寄せる。

 京都2歳S2着の実績はあるが、賞金面では“勝負駆け”となる一戦。「せめて権利を獲れるぐらいまで頑張ってもらわないと。それが最低ノルマ」。先輩2頭に続き、皐月賞(4月14日・中山)への切符を手に入れる。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す