スマートフォン版へ

【メイクデビュー阪神レース後コメント】シェパードボーイ井上敏樹騎手ら

  • 2019年03月03日(日) 14時30分
阪神6Rのメイクデビュー阪神(ダート1800m)は11番人気シェパードボーイ(井上敏樹騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分56秒2(稍重)。1馬身3/4差の2着に9番人気マルヨフローラ、さらに半馬身差の3着には5番人気メイショウクダンが入った。

シェパードボーイは栗東・大久保龍志厩舎の3歳牡馬で、父ノヴェリスト母エオリアンハープ(母の父キングカメハメハ)。

〜レース後のコメント〜

1着 シェパードボーイ(井上敏樹騎手)
「ゲートが良く、うまく先行集団につけられました。砂に怯むところもありましたが、外に出したらよく伸びてくれました。使っての上積みもありそうです」

4着 ムーンオブバローダ(藤岡佑介騎手)
「外目から早めに押し上げる競馬で、ラスト1ハロンで止まってしまいました。使われたことで粘りは変わってくると思います」

5着 メイブツシャチョウ(岡田祥嗣騎手)
「いいスタートを切って、前2頭を行かせていい形で進められましたが、外から早めに来られて苦しくなりました。使って良くなりそうです」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す