スマートフォン版へ

【阪神スプリングJレース後コメント】オジュウチョウサン石神深一騎手ら

  • 2019年03月09日(土) 15時18分
阪神8Rの阪神スプリングジャンプ(障害4歳以上GII・芝3900m)は1番人気オジュウチョウサン(石神深一騎手)が勝利した。勝ちタイムは4分23秒6(良)。2馬身半差の2着に2番人気タイセイドリーム、さらに8馬身差の3着に3番人気シンキングダンサーが入った。

オジュウチョウサンは美浦・和田正一郎厩舎の8歳牡馬で、父ステイゴールド母シャドウシルエット(母の父シンボリクリスエス)。通算成績は26戦15勝。

〜レース後のコメント〜
1着 オジュウチョウサン(石神深一騎手)
「思っていた通りのレースはできましたが、障害レースが11ヶ月ぶりということもあり、3ヵ所ほど飛越をミスしました。最後の障害もヒヤッとしましたが、この馬の体幹の強さ、柔軟さで転ばずに飛び越えてくれました。去年の中山GJに比べると手応えは怪しかったのですが、2着馬と併走しながら負けないだろうという手応えでした。賢い馬なので、今日走ったことによってこの後も障害ならもっといいパフォーマンスを見せてくれると思います。今日はたくさんの応援をもらい僕もオジュウチョウサンも喜んでいます」

(和田正一郎調教師)
「久々の障害でも、いつもの跳びだったと思います。手応えも良さそうで、襷コースを回ってから差を詰め、最後は無理をしませんでしたが、良い競馬でした。(最後の障害について)スピードを上げて飛ぶので踏み切りのばらつきはありますが、ちゃんと着地できる所がこの馬のすごいところだと思います。8歳になりましたが、騎手を乗せると返し馬からやる気満々で、レースでも闘志を見せますし、変わっていません。今後は(天皇賞や中山GJなど)色々な選択肢がありますが、状態や回復具合を見てということになります」

2着 タイセイドリーム(平沢健治騎手)
「前半フワフワした分、息が入ってしっかり走ってくれました。レース自体は良かったと思います。馬は一生懸命走ってくれました。馬体も太くなかったです。馬は頑張ったと思いますが、やっぱりオジュウチョウサンは強いですね」

3着 シンキングダンサー(金子光希騎手)
「王者を徹底マークして、4コーナーまで食らいついていきました。最終障害でオジュウチョウサンに突き放されましたが、強い馬と戦って自分の馬も強くなっていくと信じてこれからもレースに臨みます。障害馬としては完成されてきたと思います」

4着 アズマタックン(熊沢重文騎手)
「行き脚は良かったですね。こういう競馬ができればチャンスも出てくると思います。固定障害はノーミスで飛ぶことができました。馬が注意しながら飛んでいるので、置き障害よりいいのかもしれません。最後は脚を使っていますし、先々は楽しみな馬だと思います」

5着 シークレットパス(五十嵐雄祐騎手)
「状態は良かったです。阪神コースも距離も問題なかったです。ペースが落ち着いていたので、自分から動いていきました。襷でインを突いて上がっていこうと思いましたが、相手が強かったですね。それでもよく食らいついていると思います」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す