スマートフォン版へ

【フィリーズレビュー】ノーワンとプールヴィルの1着同着! 重賞では9年ぶり/JRAレース結果

  • 2019年03月10日(日) 15時41分
 10日、阪神競馬場で行われたフィリーズレビュー(3歳・牝・GII・芝1400m)は、中団追走から内を突いた坂井瑠星騎手騎乗の12番人気ノーワン(牝3、栗東・笹田和秀厩舎)と、外に持ち出して脚を伸ばした秋山真一郎騎手騎乗の3番人気プールヴィル(牝3、栗東・庄野靖志厩舎)が並んで入線。写真判定の結果、この2頭の1着同着となった。勝ちタイムは1分22秒0(稍重)。

 さらに1/2馬身差の3着に6番人気ジュランビル(牝3、栗東・寺島良厩舎)が入った。なお、1番人気アウィルアウェイ(牝3、栗東・高野友和厩舎)は7着、2番人気キュールエサクラ(牝3、栗東・中内田充正厩舎)は11着に終わった。

 ノーワンは、父ハーツクライ母プレイガールその父Caerleonという血統。また、もう一頭の優勝馬プールヴィルは、父Le Havre母ケンホープ、その父Kendargentという血統で、ともに重賞初制覇。また、ノーワンの鞍上の坂井瑠星騎手にとっても初のJRA重賞勝利となった。

 ノーワン及びプールヴィル、3着のジュランビルは4月7日に行われる桜花賞の優先出走権を獲得した。なお、JRA重賞で1着同着となったのは2010年のオークス(アパパネサンテミリオン)以来、9年ぶり。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す