スマートフォン版へ

【フィリーズR】坂井瑠星、重賞初V 喜び爆発「やったー!」

  • 2019年03月11日(月) 06時00分
 「フィリーズR・G2」(10日、阪神)

 桜花賞の切符を懸けた一戦は、JRA重賞では10年オークスアパパネサンテミリオン以来9年ぶりとなる1着同着。12番人気のノーワンと3番人気のプールヴィルが重賞タイトルを分け合った。ノーワン坂井瑠星騎手(21)=栗東・矢作=はうれしい重賞初制覇。3着には6番人気のジュランビルが入った。

 小雨降るなか、長い写真判定の末、ターフビジョンに1着同着が表示された瞬間、場内には大きなどよめきが起こった。

 大金星を挙げたのが12番人気の伏兵ノーワン。スタートはやや後手に回ったが、中団のインでピタリと折り合うとそのまま直線へ。先行馬を見ながら、残り1Fを過ぎたあたりで進路を内に持ち出すと、あいたスペースをまるで糸を通すようにするりと突き抜け、最後は外から伸びたプールヴィルと並んでゴールを駆け抜けた。

 勝利に導いた坂井は検量室前で同着の結果を聞くと「やったー!」と一言。そばにいた笹田助手と握手を交わした。「際どくて(勝ったのか)分からなかったが、折り合いも距離も問題はなかった。緩い馬場でもこなしてくれたし、頑張ってくれました」と笑顔で振り返った。

 鞍上は藤田菜七子と同じ16年デビュー。「まずはサポートしてくれた師匠に伝えたい」と所属厩舎の矢作師への感謝を口にした。6日のフジノウェーブ記念(大井)をキャプテンキングで制したばかりの父・坂井英光騎手(43)=大井=にも、うれしい報告ができる。

 昨年の海外武者修行の成果が“タイトル獲り”という最高の結果をもたらした。ノーワンに桜の切符をプレゼントした若き新星が春に向けてさらなる歩みを進める。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す