スマートフォン版へ

【ファルコンS】中心は1400mが得意なあの馬/JRAレース展望

  • 2019年03月14日(木) 12時00分
 中京芝1400m戦として生まれ変わって今年で8年目。それ以前は3歳限定戦で唯一のスプリント重賞だった。昨年から葵Sが重賞に格上げされたが、施行時期は5月末。3歳の短距離馬にとって、この時期に目標レースがないことは相変わらずだ。

1.マイル経験が活きる

 距離変更後の過去7年の勝ち馬のうち6頭には、それ以前に1600m以上の距離に使われた経験があった。前走という括りだと、前走からの距離短縮組が3勝して2着5回3着5回と多数を占める。反対に、前走で1200m以下を使われていた馬は、距離変更以降連対がない。

2.将来性より完成度

 2018年は2歳時に重賞勝ち実績があったアサクサゲンキが7番人気2着、フロンティアが5番人気3着。2017年6番人気3着のメイソンジュニア福島2歳Sの勝ち馬で、2015年4番人気2着のアクティブミノル函館2歳Sの勝ち馬。素質よりも現状の完成度が要求される傾向が強く、2歳戦の活躍馬がここで存在感を見せるケースがしばしば見られる。

3.1400巧者に注目

 2017年の勝ち馬コウソクストレートはそれまでに1400mで2勝を挙げていて、2016年のトウショウドラフタは1400mで3勝。2015年の勝ち馬タガノアザガルは14番人気の人気薄ながら、それまで1400で2勝していたし、2014年のタガノグランパ、2013年のインパルスヒーローも1400mでは2戦2勝だった。2018年のミスターメロディも前走はダートながら1400mを勝っていた。とにかくこのレースでは1400m実績が重要である。


 ローゼンクリーガーはこれまで5戦のうち4戦を芝1400mで使われて、2勝2着2回。前走は阪神JFに挑んで大敗したが、長い距離を使われた経験が今走に活きるだろう。中京芝1400mは新馬戦を好時計勝ちした舞台で、ここは狙いを定めた一戦だ。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す