スマートフォン版へ

【地方競馬】6000勝ジョッキー・石崎隆之騎手の引退セレモニー 「今まで乗せてくれた馬たちに感謝」

  • 2019年03月15日(金) 20時00分
 15日の船橋競馬場で、今月いっぱいで現役引退となる石崎隆之騎手の引退セレモニーが行われた。

 セレモニーでは、騎手人生の振り返りや思い出の馬たちについて語り、その後は地方競馬主催者、馬主会、調教師会、騎手会など関係者からの花束贈呈が相次いだ。大井からJRAに移籍した戸崎圭太騎手と、JRA横山典弘騎手からも花束が贈呈され、場内から大きな拍手が上がった。来場していた全騎手が集まっての記念撮影も実施された。

 石崎騎手は北海道出身、1956年1月29日生まれ、63歳。地方競馬通算成績は36121戦6269勝で歴代3位の勝利数。9度の地方競馬全国リーディングにも輝いている。JRAでも74勝を挙げ、1994年にはワールドスーパージョッキーズシリーズ(現在のワールドオールスタージョッキーズ)で優勝を果たした。

石崎隆之騎手 引退セレモニーにて】

――騎手人生45年間振り返って

「沢山の馬に乗せて頂いて、沢山いい成績を挙げさせて頂きました。騎手としては最高だったと思います」

――思い出の馬やレースは

「重賞を勝った馬たち、アブクマポーロにしてもトーシンブリザードにしても、トムカウントもそうでしたが、自分で調教に乗って仕上げていった馬たちは思い出深いです」

――石崎騎手にとって競馬とは

「競馬とは…。人生というか、忙しいときは、それ(競馬)しか考えてなかったです」

――ファンの皆様に一言

「今日は寒い中、ご来場頂きありがとうございました。3月いっぱいを持って、引退とさせて頂きます。昨年ちょっと病気になり半月ほど入院をして、調教にも乗らなくなり体力も落ちてきて、歳も歳だしと、これ以上(騎手を)続けるのは止めようと、昨年秋に決心しました。ファンの皆様には長い間ご声援頂き、誠にありがとうございました。また、競馬関係者の皆様に色々とお世話になり、ありがとうございました。最後に、今まで乗せてくれた馬たちに、感謝します」

(取材:高橋正和、編集:netkeiba)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す