スマートフォン版へ

【高松宮記念】11歳スノードラゴンの蹄跡 デビュー時はなかったシャドーロール

  • 2019年03月19日(火) 18時00分
 24日に中京競馬場で行われる高松宮記念(4歳上・GI・芝1200m)。2014年のスプリンターズS優勝馬であり、ダートの舞台でも活躍した名短距離馬・スノードラゴン藤田菜七子騎手鞍上で参戦。これがラストランとなる可能性もある。そこで今回はこの芦毛の古豪の、遡ること2010年から始まった現役生活を写真とともに振り返ることにする。今回が第2回目。

トレードマークの黄色はいつから?

 順番が前後してしまうが、今回はスノードラゴンの記念すべき初陣となった2010年8月28日の新潟競馬場、2歳新馬戦での1枚。1番人気の支持となったが惜しくも2着(勝ったのはフレンドミー)となった1戦。この時期のスノードラゴン、さすがに今ほどは白くない毛色はもちろんのこと、他に2点、現在とは違う見た目上のポイントがあるのがわかるだろうか。

 1つは白い馬体と水色の勝負服に映える黄色いシャドーロールを着用していないこと。もう1つは細かいが、現在は前脚のみに巻いている、これもまた印象的な黄色いバンデージが後脚にも巻いてあることだ。

 順を追ってスノードラゴンのキャリアを追っていくと、現在と同じ「黄色いシャドーロール・前脚のみにバンデージ」というスタイルになったのは3歳の1月、前回も触れた2勝目の500万下から。その後この“黄色”は、8年もの年月をスノードラゴンとともに過ごし、今ではすっかり彼のトレードマークとなっている。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す