スマートフォン版へ

【高松宮記念】コース改修後、「1枠」と「大外枠」の連対はなし/データ分析(枠順・馬番編)

  • 2019年03月22日(金) 12時13分
 24日に中京競馬場で行われる高松宮記念(4歳上・GI・芝1200m)について馬番別に検証していく。なお、コース改修後の2012年以降を集計対象とする。

 馬番別では、最多となる2回の馬券絡みが4番、6番、7番、8番、9番、17番。好走馬は内目から真ん中寄りに集まっている印象を受ける。

 一方、一度も馬券に絡めていないのが2番、14番、18番。特に大外枠は「0-0-0-7」と苦戦を強いられており、15年ストレイトガール(8枠18番)は1番人気13着と大敗している。同馬は前走香港スプリント3着、前々走スプリンターズS2着、前年の高松宮記念3着という実績馬だっただけに案外な結果と言わざるを得ない。

 参考までに枠順で内外の成績を比較すると下記の通り。

1枠 0-0-1-13 複勝率7.1% 複勝回収率8%
2枠 2-1-0-11 複勝率21.4% 複勝回収率42%
3枠 2-1-0-11 複勝率21.4% 複勝回収率45%
4枠 0-1-3-10 複勝率28.6% 複勝回収率92%
5枠 2-0-1-11 複勝率21.4% 複勝回収率36%
6枠 1-1-0-12 複勝率14.3% 複勝回収率22%
7枠 0-1-1-18 複勝率10.0% 複勝回収率86%
8枠 0-2-1-18 複勝率14.3% 複勝回収率35%

 やはり馬券の軸にするのであれば2〜5枠が無難に思える。内でも外でも極端な枠を引いてしまうとレースの組み立てが難しくなるようで、1枠からは未だに連対例がない。なお、最内枠といえば12年のロードカナロア(1番人気3着)を思い出すが、結果的に同馬が競走生活において連対を逃した唯一のレースとなってしまった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す