スマートフォン版へ

【大阪杯】ワグネリアン、ムード上々 G1連勝狙う福永も好感触

  • 2019年03月28日(木) 06時00分
 「大阪杯・G1」(31日、阪神)

 27日、栗東で昨年9月の神戸新聞杯V以来となる18年ダービーワグネリアンが、坂路で軽快なフットワーク。6カ月半ぶりを感じさせない仕上がりをアピールした。

 丁寧に出走態勢を整えた。神戸新聞杯V以来、6カ月半ぶりに復帰する昨年のダービーワグネリアンは、栗東坂路で単走。序盤は脚元の感触を確かめながら、ゆったりと入る。ラストも軽く促される程度だったが、軸が全くブレない鋭い走りで、4F54秒2-39秒6-12秒4を刻んだ。

 大江助手は「しまい重点でしたが、馬の雰囲気も良く、順調です。先週しっかりとやってもらったし、しまいサッと流す程度でしたが、いい状態ですね」とうなずく。帰厩当初は緩さも残っていたが「その状態で動かし過ぎると体に負担がかかるし、まず体をつくるところから始めました。精神的にも落ち着きが出ましたし、体も締まってきましたね」と心身の充実ぶりを伝えた。

 鞍上は高松宮記念ミスターメロディで制し勢いに乗る福永。1週前リハに騎乗し、「息遣いは悪くなかったし、動ける状態」と好感触だ。「僕自身、楽しみにしていた一戦。いい結果が出せるように、一緒にダービー以上の感動を味わえるように頑張りたい」とキッパリ。V発進で最強4歳世代の頂点を極めた力を見せつける。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す