スマートフォン版へ

ディープインパクト種付け中止 首、腰の治療して来年に備える

  • 2019年04月03日(水) 06時01分
 12年から7年連続でリーディングサイヤーのディープインパクト(17歳)が3月末、腰の状態が悪いため種付けを中止したことが2日、分かった。残りシーズンの種付けは行わない。

 けい養先の北海道安平町の社台スタリオンステーション事務局は「首の痛みが原因なのか、症状としては腰の状態が良くない。日常の運動はしているのですが、種付けでは2本脚で立ち上がりますし、大事を取ってということです」とコメント。今年は約20頭の種付けを終えたが、今後は治療して来年の種付けシーズンに備える。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す