スマートフォン版へ

【桜花賞】メイショウケイメイ坂路で好タイム 自慢の速力で波乱演出だ

  • 2019年04月05日(金) 09時00分
 「桜花賞・G1」(7日、阪神)

 自慢の速力を生かして波乱を演出する。紅梅Sの勝ち馬メイショウケイメイは4日、栗東坂路で単走。軽快なアクションで4F52秒4-37秒4-12秒2の好タイムをたたき出し、スピード能力の高さをアピールした。

 騎乗した古川は「時計は速くなったけど、まだ余裕があった。とにかく順調ですね」と満足げ。南井師も「ケイコは走りますね。小さい馬だけど、この馬なりにカイバを食べているし、状態はいいですよ」と笑みを浮かべた。

 ただ、6枠11番には「できれば内枠が欲しかったね」と指揮官のトーンは低め。距離が課題なだけに、ロスなく立ち回れるかが鍵になりそうだ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す