スマートフォン版へ

【桜花賞】橋口師、エールヴォアで牝馬クラシック獲る 内枠で堂々逃げ宣言

  • 2019年04月05日(金) 09時00分
 「桜花賞・G1」(7日、阪神)

 開業4年目の橋口慎介調教師(44)=栗東=がクラシックに初参戦。桜の舞台にエールヴォアを送り出す。16年に定年した名伯楽である父・弘次郎元調教師がなし得なかったタイトル奪取を狙う。また、メイショウケイメイは栗東坂路でスピード感にあふれる動きでアピールし、状態の良さを見せていた。

 既に昨年のJBCスプリントグレイスフルリープで制し、ビッグタイトルを手にした橋口師だが、初のクラシック参戦に高鳴る気持ちを抑え切れないでいる。「やはり特別なレースだと思います。限られた頭数しか出られないし、馬にとっては一生に一度しか出られませんからね」と表情を引き締めた。

 デビュー時から大きな期待を寄せていた。前走のフラワーCではゲートが決まらず、本来の先行策を取れなかったが、中団から伸びると、3着馬とは鼻差2着。賞金順ギリギリで出走にこぎつけた。「大きい2着でした。桜花賞に出られて良かったです」と振り返った。

 枠順は1枠2番に決まった。「一番いいところを引いた。これなら行くしかない。スタートを決められればいい競馬になると思う」と逃げを示唆した。

 父で名伯楽とうたわれる弘次郎元調教師は、桜花賞では94年ツィンクルブライド、96年イブキパーシヴの2着が最高だった。「きっと勝ちたかったと思うんです。牝馬でG1を勝ったのは、(08年の)スリープレスナイトスプリンターズSだけのはず」。父が果たせなかった思いも背に、一発を狙う積極的な競馬で、牝馬クラシック奪取を桜の舞台でかなえる。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す