スマートフォン版へ

【海外競馬】ブレイブスマッシュが豪州で種牡馬に 2017年に日本から移籍、豪G1を2勝

  • 2019年04月06日(土) 17時40分
 3月30日のアルクオーツスプリント(UAE・G1)で8着だったブレイブスマッシュ(牡6、豪・K.リース厩舎)が現役を引退。豪州のアクイスファームで種牡馬入りすることがわかった。種付料は2万豪ドル(約159万円)。豪競馬メディア『Punters』などが報じた。

 ブレイブスマッシュは父トーセンファントム母トーセンスマッシュその父トウカイテイオーという血統。

 2015年に美浦・小笠倫弘厩舎の管理馬としてデビュー。同年の第1回サウジアラビアRCを制して、重賞初制覇を果たす。2017年から豪州に移籍。2018年にはフューチュリティS、マニカトSと豪州の短距離G1で2勝をあげた。

 通算成績は34戦5勝(うちJRA13戦2勝)。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す