スマートフォン版へ

【皐月賞】サートゥルナーリア、ド迫力リハ 完璧仕上げで無敗1冠制覇へ

  • 2019年04月11日(木) 09時00分
 「皐月賞・G1」(14日、中山)

 ホープフルSを制し3戦無敗のサートゥルナーリアが10日、栗東CWで迫力十分の動きを披露。クラシック完全制覇が懸かるルメールを背に万全の仕上げを示した。同じくデビューから3連勝中のダノンキングリーも、美浦Pで好仕上がりをアピール。2歳王者アドマイヤマーズは栗東坂路を活気あふれる走りで駆け上がった。

 ド迫力リハだ。ホープフルSを制し、3戦3勝のサートゥルナーリアは栗東CWで併せ馬。手綱を押さえたままの馬なりで、直線では自らハミを取って俊敏に反応。柔軟な身のこなしで内のシャケトラ(6歳オープン)に半馬身、外のレッドウィズダム(6歳1600万下)に4馬身先着を果たした。5F70秒0-40秒3-11秒8と時計も上々。完璧な仕上げで1冠奪取に挑む。

 2週連続で騎乗したルメールも満足げ。「ポテンシャルが高そう。すごくいい感じでした。反応がとても良かった。コンディションは良さそうです」。初コンビだが、萩SとホープフルSでは、どちらも2着馬に騎乗していてその強さは間近で感じていた。「前走はメチャクチャ強かった。すごくいい瞬発力を持っていそう」と手放しで褒める。

 ぶっつけ本番もお構いなしだ。「先週のグランアレグリアも休み明けで桜花賞を勝った。自信を持って乗りたい」と鞍上が克服に自信を見せれば、辻野助手も「ホープフルSよりも調教内容は濃いと思うし、状態がしっかりとできている」と手応えをつかむ。中106日の勝利なら、皐月賞の最長間隔勝利記録を大幅に更新。歴史を動かすスターになりそうな予感だ。

 母が05年オークスシーザリオなら、兄は13年菊花賞エピファネイア。母子、きょうだいクラシック制覇が懸かる一戦に、「フィジカルが強くて長所が多い馬。まだ力を出し切っていないと思う。もしかしたら8割も出していないかも。母や兄以上の期待を抱かせてくれる馬」と同助手は野望と夢を抱く。

 Vならルメールは史上9人目のクラシック完全制覇となる。「皐月賞ダービーを勝てる馬だと思います。今年はベストチャンス」。無敗のまま頂点をつかむ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す