スマートフォン版へ

【皐月賞】ダノンキングリー、スイッチON 単走仕上げで鋭伸!戸崎圭は納得

  • 2019年04月11日(木) 06時00分
 「皐月賞・G1」(14日、中山)

 デビューから無傷3連勝中のダノンキングリーは10日、美浦Pで5F64秒7-37秒3-11秒6の好時計を記録。馬とのリズムを重視して単走で追われたが、鋭い末脚は目を引いた。

 3週続けて追い切りに騎乗した戸崎圭は納得の表情だ。「レースに向けてスイッチが入ったなという感じ」と感触を伝えつつ、「単走だったが、リラックスして走っていた。順調さを感じた」と状態を把握。いい形で本番を迎えられる。

 前走の共同通信杯の勝利は大きな収穫だった。「距離の不安は少しあったが、それを覆す強い勝ち方だった」と振り返る。2歳王者アドマイヤマーズを相手に正攻法の競馬でV。初距離の1800メートルも関係なかった。今回の舞台は中山芝2000メートル戦。さらに距離は延びるが、「前走で距離の不安は消えた。心配はしていない」と胸を張った。

 昨年のエポカドーロに続く連覇を狙う鞍上は「デビューからコンビを組んでいる有力馬と出走できることは幸せ」と素直な気持ちを語った上で、「この幸せをかみ締めながら、結果も出したい」と闘志を燃やす。最大のライバルであるサートゥルナーリアとの無敗馬対決を制し、05年の父ディープインパクト以来となる無敗王者の座をつかみ取る。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す