スマートフォン版へ

ダディーズマインド色気あります 除外一転!皐月賞の出走可能に

  • 2019年04月11日(木) 06時00分
 「皐月賞・G1」(14日、中山)

 鞍上&調教師ともに初クラシックのダディーズマインド皐月賞で台風の目になるか。当初は除外の対象だったが、ライバル陣営の回避により、出走が可能に。青木師は「同じ関東馬のアクシデントなので手放しでは喜べませんが、せっかく出るからにはいいところを見せたい」と意気込みを伝えた。

 最終追いは10日、美浦Wでクリムズンフラッグ(4歳1000万下)との併せ馬。5F68秒1-38秒2-12秒7を記録して併入。調教パートナーの方に騎乗していた主戦の宮崎は「最後は前に出してあげようかと思っていたけど、その必要もなかったですね。いい動きでした」と笑顔だ。デビュー13年目の鞍上もG1騎乗は4回目だが、クラシックは初参戦。それでも「特に肩の力は入っていませんよ」と自然体で臨む。

 開業3年目の指揮官は「クラシックは憧れに近い感情がある」と武者震い。「元から能力の高さを感じていた馬。ただ出るだけではなく、色気を持って臨める」。最高の晴れ舞台で存在感を示す構えだ。(デイリースポーツ・刀根善郎)

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す