スマートフォン版へ

【皐月賞】福永史上9人目クラシック完全制覇へ ブレイキングドーンで父に続く

  • 2019年04月12日(金) 06時00分
 「皐月賞・G1」(14日、中山)

 昨年、ワグネリアンとのコンビダービージョッキーの称号を手にした福永祐一騎手(42)=栗東・フリー=が、史上9人目のクラシックに王手をかけている。皐月賞は過去17回の挑戦で4回の2着が最高。77年にハードバージで制した父・洋一元騎手に続くか-。

 快挙が懸かる大舞台の戦況を冷静に分析していた。ブレイキングドーンと挑む福永は11日「サートゥルナーリア以外とは差はない。強気なことは言えないけど、ノーチャンスではないと思うよ」と、静かに闘志を燃やしていた。3戦3勝のG1馬と強力なライバルの能力は認めつつも、好結果を出すために準備を怠ることはない。

 皐月賞は過去に17回参戦して4回の2着が最高。未勝利に終わっているが「そんなに悪いイメージはない」と言い切る。小回りで直線も短く、紛れも多い中山の2000メートル戦。「スタートしてのポジション取り。最初のコーナーに入るところと、3コーナーからをどうさばくかだね。馬場も荒れている頃。外々を回らされるのはキツい」と攻略のポイントは頭に描いている。

 パートナーの状態の良さも確認済み。最終リハに騎乗して「良かったよ。動きは抜群。状態はいい」と確かな手応えをつかんでいた。自らが誕生した翌年の77年に、父・洋一元騎手はハードバージで制している。「あのときは内からスルスルって感じやったね」。のちに映像で見た父の姿は鮮明に記憶に焼き付いている。10年覇者ヴィクトワールピサ産駒の相棒とともに、人馬ともに父子制覇を目指す。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す