スマートフォン版へ

藤沢則師ガウディーで悲願達成だ!ディープに敗れた宝塚…「当時とオーバーラップ」

  • 2019年04月12日(金) 06時00分
 悔しい思いをしてきた。管理馬でG1(J・G1を含む)2着は4度を数える。皐月賞に送り出すのはクリノガウディー藤沢則雄調教師(64)=栗東=にとって初の牡馬クラシック挑戦になる。

 05年中山グランドJチアズシャイニングは豪州馬カラジにVを阻まれた。その後、06、07年と3連覇する豪州チャンピオンが相手だったから、運がなかった。

 2度目は京都で行われた06年宝塚記念ナリタセンチュリー。「ウチのは京都で重賞2勝していて期待したんだ。“ディープインパクトは出ないんじゃないか”っていう話も聞いていたから。そしたら、ディープも出走して…。“オッ”と思った直線は、ディープにピューッとかわされて。強かった」。10番人気で奮闘したが、相手が悪かった。

 12年フェブラリーSシルクフォーチュンは豪脚及ばず。そして、昨年の朝日杯FSクリノガウディーが涙をのんだ。「前走をひと叩きして調子が上がっている。息の持ちも良くなるでしょうし、今度は折り合いもつくと思う」と、前走のスプリングSが今回に生きることを期待する。

 「ディープインパクトの子(ダノンキングリー)が3連勝で出てくるでしょ。当時とオーバーラップさせて…ね。楽しみです」。悲願達成なるか、注目だ。(デイリースポーツ・井上達也)

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す