スマートフォン版へ

【皐月賞予想】サートゥルナーリアはホンモノ!? 鞍上の言葉から読み取れる“真の狙い”とは?/JRAレース展望

  • 2019年04月13日(土) 18時33分
 日曜日に行われる皐月賞。長年、競馬をやっている人なら、どうしても違和感を覚えるのではないでしょうか? それは本命馬を決める前に、やらなければいけないことがあるから。

サートゥルナーリアは本物なのか? それとも偽物なのか?』

 通常の競馬予想とは1番強い馬を当てること。その基本形として1番人気馬より強い馬を探すことになるのですが、サートゥルナーリアはたったキャリア3戦。しかも相手レベルは相当に低く、前走も前々走も2着馬はその後1勝もできていません。すなわち、今年の皐月賞は…

『強いか弱いか、よくわからない馬より強い馬を探す作業』

 という、チンプンカンプンな難題を競馬ファンは押し付けられているのです。

 そもそもサートゥルナーリアは、なぜここまで人気になるのでしょう。その要因の大半は、競馬関係者のコメントによるもの。「今まで見たことない大物感がある」、「この産駒でありながら、気性面に問題がないのは素晴らしい」。ライバル陣営も白旗を上げるなど、とにかく目に見えない情報(噂話)が彼を人気馬へと押し上げたのです。

 加えて先週の桜花賞も、年明け初戦の休み明けだったグランアレグリアが快勝。平成の終わりとともに、“休み明け”“叩き台”という言葉は旧時代へと追いやられてしまうのでしょうか?

 詳しい予想はさておき、私は“否”と感じます。その理由はグランアレグリア勝利後のルメール騎手の言葉。そして、陣営の動きで読み取れます。桜花賞馬は必然的にオークスへと進むのがセオリーですが、陣営はNHKマイルCを選択。

 ここで見て欲しいのは、桜花賞NHKマイルCの賞金。2レースとも1億500万と五分なのです。それに対して、皐月賞ダービーでは2倍近い賞金差があります。仮に皐月賞を勝ったとしても、レース後「この馬のベストはマイル。だから、ダービーに行かないかも」と、ルメール騎手がいう訳がありません。

 あくまで目標はダービーのはずで、“マイル2戦どっちか獲れたらいいや”のグランアレグリアと、“2億円(ダービー)欲しい!”のサートゥルナーリアを並列に比べることはナンセンスといえるでしょう。

 そんな私が注目しているのは、川田騎手鞍上のヴェロックスと、デムーロ騎手鞍上のアドマイヤマーズ。それぞれ先行できる脚質が魅力。一昨年、昨年と4コーナー5番手以内にいた馬が優勝。以前のように切れ味でだけ勝利をモノにできるレースではなくなっており、展開面を考慮すると、この2頭のどちらかに本命を打ちたいと思っています。
(文=征木由基人)


 ただいま、『ウマい馬券』ではもれなく全員に予想を見ることができる300ポイントを、期間限定でプレゼント中! 70名超の予想の達人たちが公開している厳選予想を無料で見ることができます。この機会に、プロたちの結論を見てみては?

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す