スマートフォン版へ

【皐月賞】サートゥルナーリアが激戦を制し14年ぶりの無敗V!/JRAレース結果

  • 2019年04月14日(日) 15時45分
 14日、中山競馬場で行われた皐月賞(3歳・牡牝・GI・芝2000m)は、中団でレースを進めたC.ルメール騎手騎乗の1番人気サートゥルナーリア(牡3、栗東・角居勝彦厩舎)が、直線で内の4番人気ヴェロックス(牡3、栗東・中内田充正厩舎)、3番人気ダノンキングリー(牡3、美浦・萩原清厩舎)と激しく競り合い、この争いをわずかに制して優勝した。勝ちタイムは1分58秒1(良)。

 2着はアタマ差でヴェロックス、3着はさらにハナ差でダノンキングリーとなった。なお、2番人気アドマイヤマーズ(牡3、栗東・友道康夫厩舎)はダノンキングリーから2馬身差の4着に終わった。

 勝ったサートゥルナーリアは、父ロードカナロア母シーザリオその父スペシャルウィークという血統。これで新馬戦、萩S、ホープフルSに続く無傷の4連勝。審議対象になってしまったのは残念だったが、3冠馬ディープインパクト以来14年ぶりの皐月賞無敗制覇を達成した。

 明け3歳初戦での皐月賞Vは史上初で、母シーザリオ、兄エピファネイアとの母仔・兄弟クラシック制覇も達成。また、鞍上のC.ルメール騎手はこれで5大クラシック完全制覇を果たした。

C.ルメール騎手のコメント】
 2週連続でとても凄い馬に乗せていただいて嬉しいです。(道中は)良いポジションを取ることができ、馬もリラックスしていました。(直線での競り合いは)彼にとって初めてで、スタンドの前でも物見をしてしまいましたが、ゴールまで頑張ってくれました。今日は休み明けでしたので、ダービーでもっと良くなると思います。

皐月賞ダイジェスト>

スーパープレミアムコースでは全レースのフル映像のほか、各場毎のダイジェスト映像をご視聴いただけます

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す