スマートフォン版へ

【皐月賞】ヴェロックス根性の2着 直線接触の不利も伸び返す

  • 2019年04月15日(月) 06時00分
 「皐月賞・G1」(14日、中山)

 4番人気のヴェロックスは2着だった。

 惜しくも頭差及ばず2着に敗れたものの、一番強い競馬をしたのはヴェロックスかもしれない。

 道中は常にサートゥルナーリアの前でレースを進めた。先行集団の直後で折り合い、4コーナーで早々と先頭に立つ積極策。仕掛けるタイミングとしては最高だった。しかし直線では、外から迫った勝ち馬と接触する不利。直後のダノンキングリーが内から強襲。このピンチにもひるまず、2頭の間で懸命に伸び返した。

 リプレー映像を確認した川田は「スムーズに自分の競馬はできました。全力で走ってくれて、強い馬にここまで差を詰めてくれました」と相棒の頑張りに感謝。「ダービーで逆転できるよう、これからの時間を過ごしていきたいと思います」と静かな口調の中にも、逆転への思考回路が早くも動きだしている。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す