スマートフォン版へ

ピースワンパラディなど、青葉賞1週前厩舎情報/美浦トレセンニュース

  • 2019年04月19日(金) 11時00分
 2着馬まで日本ダービー(5/26・GI・東京芝2400m)の優先出走権が与えられる青葉賞(4/27・GII・東京芝2400m)に美浦から出走予定の注目馬4頭の1週前情報。

カウディーリョ(牡3・美浦・堀宣行)について、森調教助手
「前走(山吹賞・500万下・1着)から中3週になりますが、在厩で調整しています。前走はパドックでイレ込んでいましたけど、レースではリズム良く走れていました。石橋騎手も上手に乗ってくれたと思います。

 前走後も大きなダメージもなく調整できましたし、テンションも上がっていません。1週前は石橋騎手が乗って追い切りましたが、疲れもなく順調です」

ピースワンパラディ(牡3・美浦・大竹正博)について、大竹調教師
「ゲートは速い馬だったので、前走(フローラルウォーク賞・500万下・1着)で後ろからの競馬になったのは想定した形ではなかったですが、強かったですね。

 前走後は放牧に出してリフレッシュさせました。元々体があまりない馬なので、放牧で増やしたかったのですが、あまり変わりはありません。体重を落とさないようにセーブしながらの調整です。この馬の良さはスピードですね。特にトップスピードに入った時はすごいです。左回りも良さそうですし、距離も大丈夫だと思います」

ピンシェル(牡3・美浦・高橋文雅)について、高橋調教師
「いい感じで成長していて、良くなっています。体のサイズ感はさほど変わりませんが、体の後ろを使えるようになってきて、前に乗っかかるような走りはなくなってきました。そのあたりのバランスも良くなっていますね。

 2週前はウッドチップコースで追い切って、今週(4/17)は坂路でやりました。最終追い切りも坂路でやる予定で、心臓含めて丁度いい感じになると思います。レースセンスが良いのは血統的なものなのでしょうか。これは教えてできることではないですからね」

ランフォザローゼス(牡3・美浦・藤沢和雄)について、津曲調教助手
「前走(京成杯・GIII・2着)は他馬の影響もあって早めに動く形になりましたが、最後まで頑張りましたし、惜しい競馬でした。前走後はひと息入れて成長も見られ、動きも力強くなっています。

 前走騎乗したマーフィー騎手は距離が延びて良さそうだし、暖かくなればもっと良くなりそうだと話をしていましたが、その通りに良くなってきています。距離延長は問題ないですし、新馬勝ちをした東京コースで期待したいですね」

(取材・文:佐々木祥恵)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す