スマートフォン版へ

【天皇賞】エタリオウ、平成最後のG1締める 動き一変!M・デムーロも手応え

  • 2019年04月23日(火) 06時00分
 「天皇賞(春)・G1」(28日、京都)

 スタミナ自慢の古馬がズラリとそろった。エタリオウはここまで重賞2着4回と勝ち切れないレースが続いているものの、底力は間違いなくトップ級。平成最後のG1できっちりタイトルを仕留めたい。

 1週前追い切りでは、M・デムーロを背に栗東CWで1F12秒1(一杯、モヤのため全体時計は計時不能)。力強い走りで3頭併せで最先着。やや仕上げに手間取っていた日経賞2着時とは動きが一変している。

 M・デムーロは「いつも頑張ってくれている馬。一生懸命走っていますね。調教ではフワッとするような場面はなかったです。前走は久々でズブくなったけれど、1回使って良くなっていると思う。状態は良さそう」と話した。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す