スマートフォン版へ

【天皇賞・春参考レース】ダイヤモンドSからは、2馬身半差で快勝のユーキャンスマイル

  • 2019年04月26日(金) 20時02分
 2月のダイヤモンドS(GIII・東京芝3400m)からは、2馬身半差の快勝を収めたユーキャンスマイルが出走。前走の万葉Sでは断然人気のなかヴォージュにハナ差2着と敗れていたものの、きっちり巻き返しての重賞初制覇となった。鞍上の岩田康誠騎手天皇賞・春連覇がかかる。

■レース総括

 出走馬10頭中、重賞ウィナーはわずか1頭となった一戦。そのなかで菊花賞3着など実績上位のユーキャンスマイルが、前走に引き続き1倍台の単勝オッズと断然の支持を受けていた。

 大外枠からそろっとゲートを出たユーキャンスマイルは道中5,6番手につけると、レースはほぼ縦一列の隊列でゆったりとしたペースで進む。2周目に入ってからユーキャンスマイルは後方から3頭目、他馬がポジションを徐々に上げていくなか、じっくりとレースを進める。

 第4コーナーを回り、進路を最内にとって岩田康誠騎手が追い出しを開始すると、馬群を縫うようにして残り200mを切ったあたりで一気に先頭へ。最後は余裕をもっての快勝でここでは実力が上だった。勝ちタイムは3:31.5と過去10年で2番目に早い快時計となった。

ユーキャンスマイル振り返り

 岩田騎手が「乗りやすい馬で余裕があり、楽勝でした」とレース後コメントしたように、道中はじっくり構えて最内を進むと、直線は進路を見つけるだけといった印象。前が空いてからはあっという間に他馬を交わして置き去りに。これで3000m以上の長距離戦は、3戦してすべて馬券圏内と安定している。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す