スマートフォン版へ

【京都新聞杯】令和初のJRA重賞を制するのは/JRAレースの見どころ

  • 2019年04月30日(火) 13時02分
 優先出走権はないものの、勝てばダービー出走が叶う一戦。令和初のJRA重賞を制するのはどの馬か。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■5/4(土) 京都新聞杯(3歳・GII・京都芝2200m)

 タガノディアマンテ(牡3、栗東・鮫島一歩厩舎)は皐月賞で6着と健闘。確実に伸びる末脚が魅力で、今回と同じ京都コースのきさらぎ賞では出遅れ最後方から2着まで差を詰めている。ここで重賞タイトルを手にして、日本ダービーに向かいたいところだ。

 ブレイキングドーン(牡3、栗東・中竹和也厩舎)は皐月賞で11着に終わったものの、それ以外の重賞では崩れておらず、ここでは力上位と言っていいだろう。京都コースでの実績もあり、巻き返しを期待したい。

 その他、スプリングS7着からの巻き返しを期すロジャーバローズ(牡3、栗東・角居勝彦厩舎)、未勝利戦・アザレア賞と連勝中のヒーリングマインド(牡3、栗東・松田国英厩舎)、前走は4コーナーでの不利が痛かったオールイズウェル(牡3、栗東・佐々木晶三厩舎)、デビュー2戦目で勝ち星を挙げたトーセンスカイ(牡3、栗東・藤原英昭厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す