スマートフォン版へ

【NHKマイルC】桜花賞馬は好走条件も満たしている/JRAレース展望

  • 2019年05月01日(水) 06時00分
 クラシック参戦が当時叶わなかった外国産馬に門出を開くため、1996年にGIとして新設された。過去の優勝馬には日本調教馬として初の海外GI制覇を成し遂げたシーキングザパール、国内外で華々しい戦績を残したエルコンドルパサー、ダート路線でも活躍したクロフネなどがいる。

1.前走距離に注目

 過去10年で前走「マイル以上」の距離を使われていた馬の戦績が(10・8・9・110)なのに対し、前走「マイル未満」だった馬は(0・2・1・40)。短い距離を使われてからここに臨む馬は軽視して良さそうだ。また、好走馬は桜花賞ニュージーランドTアーリントンCなど、直線で坂がありスピード一辺倒では攻略しづらい中山・阪神コースの重賞を経てきた馬が多いのも特徴。

2.差し一辺倒では厳しい

 過去10年の出走馬で前走の4角位置が「5番手以内」だった馬の戦績は(8・6・5・54)なのに対し、「10番手以下」だった馬は(1・1・4・46)。昨年のケイアイノーテックなど追い込みがハマるシーンもあるが、この馬の前走は4角5番手。差しに回るとしても、ある程度前々で立ち回れるスピードのポテンシャルがないと通用しにくい。

3.締まったペースになりやすい

 過去10年で実に8年は前傾ラップになっている。中盤が緩まない締まったペースになりがちなのもこのレースの特徴だ。馬券になった30頭の内、過去に前傾ラップを経験していなかった馬はレコード勝ちしたダノンシャンティを含む5頭のみ。


 グランアレグリア桜花賞を好時計で完勝。能力はここに入っても一枚上だろう。中緩みしなかった昨年のサウジアラビアRCで2番手追走から余裕の手応えで押し切り勝ちを決めており、締まったペースにも不安はない。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す