スマートフォン版へ

【京都新聞杯】タガノディアマンテ闘志満々 松山も期待「リズム良く運べば」

  • 2019年05月02日(木) 06時00分
 「京都新聞杯・G2」(4日、京都)

 賞金を加算して日本ダービーへ。皐月賞6着のタガノディアマンテが1日、栗東CWで最終デモを展開。中身の濃いメニューを消化して、闘う姿勢を明確にした。まずは先行。僚馬ハギノアトラス(3歳500万下)を待つ形からストライドを伸ばす。4コーナー手前で馬体を合わせ、しぶとく併入に持ち込んだ。

 6F81秒5-39秒0-12秒6に、松山は「物見をするところはあったのですが、最後はいい形でまとめることができました」と振り返り、「外回りなので、折り合いをしっかりつけることが重要ですね。乗り難しいところのある馬ですが、リズム良く運べば、いい脚を使ってくれると思います」と切れ味に期待を寄せた。

 鮫島師は「順調に来ていますから、あとは展開ひとつでしょう」と腕をぶす。目指すは5・26。こん身の末脚を放って大舞台への道を切り開く。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す